カネシメ髙橋水産
北海道の魚で日本中を笑顔にする。

 カネシメホールディングスグループ(以下カネシメグループ)は、2024年4月12日に創業100周年を迎える運びとなりました。これもひとえに支えてくださる皆様のおかげと深く感謝しております。

 100年は節目であると同時に途中経過です。皆様のご恩に報いるためには、その先を続けていくことが大切です。私は社長に就任後、社員たちに会社が進む方向を中期経営ビジョンで共有することを始めました。その過程で、理念を浸透させる必要性をあらためて感じ、社是を定めました。当グループには、長きにわたり社是の役割を果たす初代の言葉「顧客本位」「奮闘努力」がありましたが、そこにあえて「諸事寛容」を加えました。現代は国内外でさまざまな格差や対立が広がる、不寛容の時代と感じます。しかし、日本は古来より海外の文化、技術の良いところを認め、取り入れる寛容さで魅力的な文化を築いてきたのではないでしょうか。人は百人百様で、それぞれに役割があると思っています。多様性を認める寛容さこそがこれからのカネシメグループを強くします。「カネシメ三是」に込めたのは社員の幸せを願い、顧客や地域のために働いていく思いです。